豆乳はコレステロールの値を下げる救世主です。

コレステロールは、体にとっては細胞を作ってくれる大切な成分で、体の機能を整えてくれるホルモンの材料でもあります。
この材料の70パーセントほどは体内で合成されています。
しかし、過剰な摂取が続いたり、体質や病気で肝臓の機能が働かなくなったりするなどの理由からこのバランスが崩れると、脂質異常症という状態になります。

脂質異常は自覚症状がない場合が多いので、そのままにしておくと動脈硬化になり、その後、心筋梗塞や脳梗塞になる危険性が高くなります。

そうならないためにも、早期発見、早期治療が大切で、予防としては、栄養バランスのとれた食事を取り、飲酒を控えたり、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

食品の中では、コレステロール値を下げるものに大豆があります。
消化はあまりよくない大豆ですが、豆乳という形で摂取すると消化吸収力は大きくなります。

豆乳には、大豆たんぱくやリノール酸、レシチン、そしてサポニンが含まれています。
大豆たんぱくは血清コレステロールを低下させて、血圧が上がるのを抑えると言われていて、リノール酸はHDL-C(善玉)を増やします。

レシチンには、細胞膜をきれいにして血流の流れを良くし、血管を強くして動脈硬化を防ぐ作用があります。
そしてサポニンには、血液中の脂質を洗い流して、酸化を防ぎ動脈硬化を予防する効果があると言われています。

豆乳とは、大豆固形分が(製品より水分を引いた残り)8パーセント以上のものをいい、1日の摂取量は200から400ミリリットル程度が望ましいです。
年齢、性別を問わずお勧めできる、ヘルシーな飲み物だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ