血中コレステロールについて正しく理解しよう

血中コレステロールとは、人間の血液の中に含まれるコレステロールの事を言います。
これには、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールと善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールがあり、この2つのコレステロールの合計の値が総コレステロール値です。

よく、血中コレステロールの値が高いと言って心配する人がいます。
しかし、総コレステロールの値だけを見ても必ずしも異常とは言えません。

健康診断では、必ず総コレステロールとは別に、LDLコレステロールとHDLコレステロールの数値が掲載されていますので、必ず両方の数値を確認する事が大切です。

LDLの数値が正常値より高いと、悪玉コレステロールと言われているだけに、食事に気をつけたり運動をする必要があります。
しかし、HDLの数値が正常値より高い場合は心配する必要はありません。

逆に、正常値より低い場合は、善玉コレステロールが少ないという事なので心配です。
HDLコレステロールは血液中のコレステロールを運んだり、体の中の末梢神経などに付いているLDLを剥がして運ぶ働きがあります。
善玉コレステロールと言われるのは、こういう働きがあるからです。

LDLコレステロールも、本当はとても人間の体に大切な働きをしていますが、LDLコレステロールが必要以上に増えると、血液にコレステロールを運ぶという働きから多くの不必要なコレステロールを運ぶ事になります。
その結果、動脈硬化を引き起こす原因になってしまうのです。

だからこそ、HDLコレステロールとLDLコレステロールの割合が大切で、この血中コレステロールの数値の見方を正しく理解して、自分の健康に役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ