漢方薬を使用した高コレステロールの治療法

コレステロールの値が高くなる原因については多くの理由が挙げられますが、その中でも食生活や生活習慣による影響が最も大きいとされています。
高コレステロールの治療と予防には、日頃の食生活を見直すと共に、適度な運動を心掛けて全体のバランスを図ることが大切ですが、自覚症状や痛みなどを伴わないため、改善することも容易ではないようです。

飽和脂肪酸やコレステロールをたくさん含んだ食べ物の摂り過ぎに加えて運動不足が重なると、肝臓で多くの中性脂肪などが合成されてしまいます。
この結果、糖尿病あるいは動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気へと繋がってしまうのです。

こうした高コレステロールの治療に、漢方薬を使用することが注目を集めています。

漢方には、血液を綺麗にするものや、脂肪や糖分の吸収を抑える酵素が入った生薬などさまざまな種類があり、代謝を上げて内臓脂肪などを減らすと共に、血糖降下作用や血圧低下にも効果的で、治療することだけでなく予防にも役立てることが出来ます。

また、一般的な薬のような即効性はないものの、天然の材料を使用して作られる漢方薬は、少しずつ効果を発揮することで、身体への負担を抑えられることに加えて副作用がないという点が優れています。

このように、漢方薬を使用することによる治療法は、体全体のバランスを長い時間かけて整え、体の内側から辛抱強くじっくりと改善していくことから、身体に優しく効果的な治療法と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ