コレステロール値が高いと動脈硬化などが起こり易いです

加齢と共に起きる体の変化は様々ですが、私たちの健康を脅かすものもあります。
それは、中性脂肪やコレステロール値が高い状態になるという事です。
数値が高くなるという事は、善玉のものよりも悪玉が増加しているという結果と成り、善玉は通常悪玉を血管から回収する働きを行うものですが、それが出来なくなり、中性脂肪と結びつくことで動脈硬化へと移行してしまいます。

コレステロールが活性酸素によって酸化されると過酸化脂質と成り、血管の壁に付着して血栓ができるきっかけとなります。
動脈硬化というものは、体のあらゆる部分に出来る可能性があり、出来る部分により症状にも違いがあります。

脳に動脈硬化が出来ることで、脳梗塞や脳出血が起こり易くなるので注意して下さい。

心臓に動脈硬化が出来ると、心臓に十分な栄養が行き届かなくなり、狭心症を起こし、症状が悪化すると心筋梗塞という命の危険がある病気にかかります。

これらの病気は数値が高くなることにより起こるもので、大事に至らせないためには、コレステロール値を下げることが必要不可欠です。

数値を正常値に戻すためには、バランスの良い食事や適度な運動により中性脂肪を減少させることが理想的ですが、特に食事で心がけるべきなのは、食物繊維を積極的に摂取するという事です。

食物繊維には、胆汁酸を吸着させて体外に出すという働きがあり、この胆汁酸は、体から排出された分だけ体が補うような仕組みになっています。
排出時に体内にあるコレステロールが消費されますので、食物繊維をとることで動脈硬化を防ぐことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ