リポプロテインとしてのコレステロールの機能

血液中の脂質は、リポプロテインという形で存在しています。
コレステロールの場合も、通常は脂肪酸が結合した脂質の仲間として、エステルという脂肪酸と結合した形で、すなわちリポたんぱくとして血液中に存在しています。
コレステロールは肝臓で作られますが、肝臓に蓄積されたリポたんぱくは80パーセントで、残る20パーセントが食事由来とされています。

何かと健康上に害をもたらす物質として出てくるリポたんぱくですが、善玉とされるHDLだけではなく、実は悪玉とされているLDLも、身体の中では必須の機能を果たしていることを知っておきましょう。

LDLという低比重リポたんぱくは、末梢組織に肝臓からリポたんぱくを運搬する役割を持っています。
そして、その一方で、余分な抹消組織のコレステロールを除去する役割を担っているのがHDLです。

人間の細胞を取り巻く細胞膜は、その主原料がリポたんぱくから構成されています。
したがって、リポたんぱくが抹消組織までいかないとすると、十全な細胞膜が新陳代謝の際に合成されないことになってしまうのです。

悪玉といわれて久しいLDLですが、このように、身体にとっては必要不可欠物質であることには変わりありません。

問題となるのは、食事からの摂取量および運動不足などによる、ライフスタイルによってLDLが過剰になる点なのです。

さらにリポたんぱくは、HDLとLDLのバランスが崩れてしまうことから問題が生じます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ