健康を意識する方はコレステロール値を管理することが大切

健康に気をつけている方々にとってコレステロール値の管理は大切です。
コレステロールとは脂質(脂肪)の1種で、細胞膜や筋肉を作るホルモンの原材料となるなどの役割があり、体に必要不可欠なものなので、多くても少なくても注意しなければなりません。
多い場合は血管の壁に付着して血管を詰まらせ脳梗塞や心筋梗塞の原因になり、少ない場合は肝機能が低下する恐れがあるので、適正な量を維持するよう心掛けましょう。

コレステロールにはHDL(善玉)、LDL(悪玉)の2種類があります。
余分なコレステロールを取り除いてくれるHDLは血管が詰まるのを防ぎ、動脈硬化や高脂血症を防いでくれるので、高い方がいいとされています。

1日の運動量が多い人はHDLが高い傾向にあることが分かっていますので、運動不足だと感じたら適度な運動(ウォーキング等)を始めるようにしましょう。

食べ方にも注意が必要で、1日3食を規則的に、よく噛んで食べる、腹八分目を心がける、寝る前の食事は避ける事などを心掛けましょう。
また、飽和脂肪酸を多く含む食品(牛肉、鶏肉の皮、生クリーム、チーズなど)はLDLを増やすので注意が必要です。

そして、食物繊維、イソフラボン、オレイン酸、DHA、EPAなどは、コレステロールを下げる働きのある栄養素なので積極的に摂りましょう。

海藻類、きのこ類、野菜類、大豆製品、木の実、青魚などに多く含まれていますが、偏らずバランスよく食べることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ