コレステロールの基準値を知ろう

コレステロールと聞くとあまり良いイメージがしないという人が多いと思われますが、人間にとってはなくてはならないものです。
この基準値を知ることで健康管理に繋がりますし、数値が乱れている人は正常値に向けて努力することになります。
従来の診断基準は総コレステロール値が220㎎/dl以上というのが判断基準とされていましたが、この数値だけでは悪玉なのか善玉なのか判断ができず、善玉である低HDLの数値が高くても総コレステロール値で診断をすると数値が高くなるため、脂質異常症と診断を受ける場合がありました。

最近は高LDLと言われる悪玉と低HDLと呼ばれている善玉の数値も判断基準に加わり、さらに高トリグリセリド血症の数値も診断の基準とされていま
す。

高LDLは悪玉が多い場合、低HDLは善玉が多い場合、高トリグリセリド血症は中性脂肪が多い場合と3つのタイプを分かりやすくすることで、いずれも脂質異常であることをはっきり判別できるようになりました。

高LDLは140mg/dl以上、低HDLは40mg/dl未満、高トリグリセリドは150mg/dl以上が基準値となっています。
この数値が基準となり、悪玉に関しては他に危険因子がある場合ですと、より厳しい数値の管理が設定される場合もあります。

肥満などが原因で高血圧や糖尿病といった病気、年齢、家族の病歴に喫煙習慣も要因にあり、併発すればリスクが高くなる可能性もあるからです。

まずはこの数値を基本に、自身の健康管理に役立てるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ