イカとコレステロールの関係性

最近の食生活の欧米化に伴い、コレステロールの数値が高めで悩んでいる人は多く存在します。
老化は血管から始まるとも言われており、目に見えないものなので、自身での日頃のケアが重要です。
遺伝性も大きいと言われますが、特に女性の場合、更年期以後のホルモンバランスの変化が大きく影響するとされていて、他に、喫煙や飲酒など内臓にリスクの高い生活が深く関わっています。

しかし、生活習慣病の症状に関わる事の多い数値と上手に付き合うには、運動や食事、薬の服用と日々の生活に直結します。
その中でも、食生活の改善は大きな役割を果たす事はご存知の通りです。

日々の少しの習慣を変えるだけで、劇的な変化はすぐには起こりませんが確実に改善への道は開けてきます。
運動を始めるのはなかなか腰が上がりにくいですが、食事の改善は一番気軽にチャレンジ出来るでしょう。

シシャモやタラコなどの魚卵は、数値への影響が大きい食材の代表です。

ヘルシーなイカは亜鉛やビタミンなどの様々な栄養成分が豊富に含まれていますが、コレステロールを下げる成分タウリンも豊富である事はあまり知られていません。

タウリンには疲労回復や中性脂肪減少などの優れた性能があり、イカを丸ごと食べるなど過剰な摂取をしなければ、良い効果をもたらします。

その為にも緑黄色野菜や果物などもバランスよく食卓に取り入れていく事が大切で、様々な情報が手軽に入手出来る現代ですが、自分に合った方法を見つけて、更なる健康維持を心掛ける事が重要と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コレステロール

このページの先頭へ