コラーゲンには、結合組織に力学的な強度を与える役割があります

コラーゲンとは、動物の皮膚、骨、軟骨、骨と骨を繋ぎ関節を構成する強靭な結合組織である靭帯、骨格筋が骨に付着する部分の筋肉主体部寄りにある結合組織のひとつである腱などを構成するタンパク質のことで、多細胞動物の細胞外マトリクスの主成分です。
人の体に存在している量は、全タンパク質の約30パーセントを占めています。

コラーゲンには様々な働きがあり、まずひとつの役割として、様々な結合組織に力学的な強度を与えています。
そして、弾力性もあり、腱は繊維が隙間なく配列したもので、とても強い力に耐えることができます。

腱には筋肉が発生させた引っ張る力を骨に伝えて、運動が起こる時にとても強い力がかかります。

骨や軟骨の内部では、隙間なく詰め込まれた繊維が、骨や軟骨の弾力性を高める働きをして、衝撃を和らげることで骨折などが起こらないようにしています。

また、細胞に対して増殖し、分化シグナルを与える情報伝達の働きもあります。
歳をとるとともに、このコラーゲンは減っていきます。

25歳を過ぎると合成力が低下していき、骨や関節疾患などの症状が起こります。

他にも、美肌効果、肌の若返り、加齢による関節の痛みや足腰の痛み、しびれや麻痺の改善、歯と歯茎がしっかりとする、乾燥肌の改善、ほうれい線とシワの改善、髪の毛が太くなりサラサラとした健康な髪になるなどの効果があると言われています。

このように、コラーゲンには様々なメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ