コラーゲンの成分と効果的な摂取方法

美容を意識する女性なら、普段から取り入れる美容方法として外せないのがコラーゲンの摂取です。
コラーゲンとは、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成しており、多細胞動物の細胞外基質の主成分で、動物の体内に多く存在する繊維状のタンパク質です。

そして、分子は多くのアミノ酸からできており、そのアミノ酸の組成には顕著な特徴があって、全体数の約3分の1をグリシンが、約4分の1をプロリンとヒドロキシプロリンが占めています。

このような特異的な構造のため、水に不溶性で、希酸、希アルカリにもほとんど溶けず、また、通常のタンパク質分解酵素の作用も受けません。

そのため、いかに効率良く身体に吸収させるかが重要になってきます。
大量に摂取したところで、分子が大きい影響で吸収率の低いものは効果が薄いです。

一般的にこの成分は、牛や豚、鶏などの動物の骨や皮から取ったものが多く、これらは分子量がかなり大きいことから、このままでは吸収されにくいと言われています。

それに対して、海洋性のものには魚の骨や皮、ウロコなど魚由来のものがあり、動物性と比べると分子量が小さく、変性温度も低くタンパク質が分解しやすいので、私たちの体内でもしっかり吸収してくれるのです。

そのため、動物性より魚由来の方が吸収率が良いということになります。

また、たくさん量をとっても他のタンパク質が不足していると吸収率はかなり下がってしまうため、日々の食事で良質なたんぱく質をしっかり摂ることも必要です。

このよう成分を把握し、吸収の良い摂取方法を実践すれば、コラーゲン本来の効果を最大限に発揮させる近道となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ