コラーゲンを内から摂取する

コラーゲンは、全ての動物が持っているたんぱく質のひとつで、人間では様々な臓器にも含まれていて、人間の体の約20%あるたんぱく質の3分の1を占めています。
他の臓器と同様に、加齢とともに新陳代謝が緩やかになっていき、コラーゲンを作り出す能力は、20代に比べると60代では30%以下に低下してしまいます。

コラーゲンは、美肌などの美容効果だけでなく、白髪やハゲ対策などの育毛効果、骨粗鬆症や膝の痛みを緩和してくれたり、他には若返り効果、さらに花粉症やアトピー性皮膚炎やガンにまで効果を発揮します。

このように、美容や健康を保つために重要な働きを持つので、毎日効果的に摂取することをお勧めします。
最近、コラーゲンを含んだ化粧品が多く発売されています。

肌の保水力を持たせる働きがあり、肌の健康に効果を求める女性を中心に話題ですが、直接肌から吸収されることは無いので覚えておきましょう。
人間の体は、毎日の新陳代謝により細胞の分解と合成を繰り返しているので、食べ物やサプリメントなどで毎日摂取する必要があるのです。

フカヒレや手羽先、軟骨や豚足などの肉や魚、鶏肉などに含まれていますが、たんぱく質中心の偏った食事をし続けてしまうと、かえって健康を損ねてしまいます。

肌の健康のためには、ビタミンやミネラル、脂質も必要です。
バランスの良い食事を心がけましょう。

しかし、フカヒレや手羽先などの食材を食べても、すぐに肌のコラーゲンが増える訳ではありません。
日頃から良質なたんぱく質を摂取するのはもちろん、サプリメントで補給することも良い方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ