原料別でのコラーゲンの比較

コラーゲンとは、身体の皮膚や筋肉、内臓、関節、目、髪などあらゆる全身の組織に含まれている成分で、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしているたんぱく質の一種です。
体内のたんぱく質の3分の1を占めています。
原料によって種類を大きく分けると、動物性と海洋性の2種類に分けることができます。

海洋性コラーゲンは、魚の皮や骨から抽出したエキスを原料としていて、特徴としては、安全性とアレルギー反応がなく、誰でも安心して摂取できることです。

動物性のものと比較すると、汚染や狂牛病などの感染症の心配が少なく、脂肪などの不純物も少ないので、ダイエット中の方やコレステロールが気になる方などに適しています。

そして、海洋性コラーゲンの大きなメリットは、吸収率が高いことです。
人間の体内に摂取した場合には、すぐに身体に吸収されるため即効性が期待できます。

動物性と比較すると、海洋性は分子が細かいため、口から摂取しても体内への吸収が良く、胃腸にも負担をかけずにスムーズに消化と吸収がされます。

水溶性なので、それによっても体内への消化と吸収を促しています。
また、濃度を上げても独特の臭みが少なく、余分な成分が混ざっていないので高純度のものが得られるという点も特徴です。

実際に、飲み物や食べ物に混ぜても元の味を損なわず、動物性の独特の臭いが苦手な方でも抵抗なく摂取できます。
現在、サプリメントや化粧品、ドリンクなど、様々な製品に応用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ