コラーゲンやコンドロイチンとは

コラーゲンやコンドロイチンは、人間の体には欠かせない成分で、主に体の関節の動きをスムーズにしたり、関節部分の骨と骨の間でクッションのような役割をする働きを持っています。
これらの成分は人間の体内で常に生成されていますが、生まれたばかりの頃をピークとして、成人する頃までは盛んに生成されていますが、成人を超えたあたりから、年々その生成量は減少していきます。

そのため、食事や健康食品、サプリメントなどの健康補助食品から、この栄養素を摂取する必要があります。
また、女性の美容にも欠かせない成分で、お肌の健康にも働きかける成分として知られています。

それは、これらの成分が保水力にとても優れているためです。
少量の成分に対し、多くの水分を保水することができます。

人間の体のほとんどは水分で構成されていますので、その保水力はとても魅力的です。
女性は、日頃からお化粧をするという方が多いので、この保水力はお肌の潤いを保つために必要な存在となります。

お肌が乾燥するとお化粧のノリも悪くなりますし、乾燥しがちになり、肌トラブルの原因にもなりますから、積極的に摂り入れたい成分です。
高価な食材では、フカヒレやウナギや豚足に含まれていることが多くの人に知られていますが、安価な食材にも含まれています。

コンドロイチンは、納豆や山芋やオクラといった、粘り気のある食品に多く含有されています。
安く購入できる食材ですので、毎日摂取することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ