ヒアルロン酸とコラーゲンの関係

ヒアルロン酸とコラーゲンは、美容や関節の動きの話題にセットで登場することが多い為、効果も物質自体も同じような物と思っている人が多いですが、実際は全く異なる成分です。
ヒアルロン酸はアミノ酸を含むムコ多糖類で、たったの1gで6Lの水分を保有できますが、単体で体内に留まることはできません。
逆に、細胞と細胞を繋げる役割をするたんぱく質の一種であるコラーゲンには水分を抱え込む機能が無く、水が無ければ次第に萎んで小さくなってしまいます。

よって、この2つは結びつきによって状態を保っていて、片方が無くなればもう片方も力を発揮できないという特徴からセットで用いられる頻度が高く、どちらも30代後半から40代を中心に急激な減少が始まり、シワやたるみ、そして関節の痛みなどが生じ始める為、若々しい肌には欠かせない物なのです。

それではどうすれば良いかというと、この2つが配合された健康食品やドリンクが様々なメーカーから発売されているので、それらを利用すれば忙しい毎日でも手軽に摂取でき、積極的に体に取り入れられて効果が期待できるでしょう。

コラーゲン吸収に欠かせないビタミンCが配合されている物も多く、万が一入っていない場合には、フルーツや野菜などと一緒に摂取することをお勧めします。

加齢によって若さを保つ成分が減少してしまうのは仕方がありませんが、方法によって進行を遅らせることは十分に可能なので諦める必要はありません。

そして、肌と同じくらい内面も磨き、内からも外からも年齢を感じさせない女性になりましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ