若さや健康を保つコラーゲンは毎日少しずつ摂取するのが理想です

コラーゲンはタンパク質の一種で、アミノ酸の結合によりできています。
人間の体においては全タンパク質の約30パーセントを占め、皮膚や靭帯、骨、目、髪などの細胞と細胞の隙間を埋めるように繊維状や膜状に存在しており、肌の張りを保つことにも役立っています。
しかしながら、紫外線を受けたり年齢が増していくにつれて減少していくものでもあり、また、硬く劣化する傾向があります。

ですから、20歳代を超えると肌の保湿能力も劣るようになり、たるみやシワが目立ち始め、加齢が進むにつれて軟骨もすり減り、関節などに痛みが出たりします。

そして、血管にできた傷の修復を行っていることから、動脈硬化の予防にも重要なものです。

このよう、にコラーゲンは肌の若々しさを保ったり、健康的に元気に行動できるように体内に存在していますが、減少していけば老化へつながりますので、足りない分は食品などから摂取して補いましょう。

多く含む食品には、フカヒレや鮭、ウナギ、鶏の皮、手羽先、カレイ、サザエ、豚足、牛筋などがあり、毎日少しずつ続けて摂取するのが理想的です。
食品から継続して摂取するのが難しい場合は、ドリンクやサプリメントなどを利用するのもよいでしょう。

人気のドリンクには、「アスタリフト」や「美・皇潤」「フラコラEX」などがあり、サプリメントでは「すっぽん小町」「天使のララ」「プルオイナノコラーゲン」「コラゲネイド」などが人気商品になっています。

また、健康食品としてゼリータイプになっているものや、料理や飲み物に入れられる粉末状のものもありますので、自分の好みの方法で毎日続けて摂取することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ