コラーゲンのサプリメントの摂り方

コラーゲンは体の約30%を占めるたんぱく質で、肌以外にも、髪や骨、内臓などのあらゆる部分を構成し、最も多い肌は40%、骨や軟骨が20%の割合になっています。
肌では、皮膚の下側の真皮層に網目状に張り巡らされ、柔軟性や弾力性、そして保湿にも役立ち、肌の張りを保つ仕事をしています。
しかし、紫外線や活性酸素、そして老化により、コラーゲンを生み出す繊維芽細胞の数が減り、生産量も減少するため、肌の弾力は徐々に失われ、皴が増えるなど目に見える老化現象が起こってしまいます。

その為、食品から摂取するのが望ましいですが、これを含む食材は少なく、すじ肉などの多く含まれている食材を大量に食べたとしても、吸収にはとても時間がかかることが難点です。

そこで、サプリメントを食事の補助の目的で摂取すると、不足している成分を補えるので試してみましょう。

しかし、飲んだ次の日にすぐ効果が表れるかというとそうではなく、コラーゲンは半年から数年かけて新しいものと入れ替わる為、毎日継続して体内に取り入れ、スムーズな代謝を促すことが大切です。

また、サプリメントは体内でアミノ酸にまで分解された後、体の様々な部位に振り分けられてたんぱく質に再合成されるので、必ずしも肌に辿り着くとは言い切れません。

しかし、それはアミノ酸が不足している部分をコラーゲンが補ってしまうためであり、もともとバランスの良い食事を心掛けていればその可能性は低くなりますし、合成に不可欠なビタミンCを同時に摂取すれば、吸収率が高まって促進しやすくなります。

サプリメントが効率よく作用するよう、普段の食事に気を付けながら摂取しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ