美容には肌の弾力を保つコラーゲンが欠かせません

美容とコラーゲンは切っても切れない繋がりがあります。
誰しも年齢を重ねると肌の張りは失われ、髪は潤いを無くしていきますが、見た目以外にも体内環境に大きな影響を及ぼしているので、体内外の若さのほとんどを担っていると言っても過言ではないでしょう。
人間の体の20%はたんぱく質ですが、コラーゲンはその内の約3分の1を占め、肌や関節、骨、人体に多く存在する他、体内の細胞同士を繋ぎ、内臓や血管などの形を保つ役割も担っています。

効率よく手軽に取り入れるにはサプリメントが有効ですが、それだけ摂取していれば美容効果を得られるわけではありません。

たんぱく質が不足するとコラーゲンの生まれ変わりに悪影響を及ぼす為、必ず食事からアミノ酸バランスの良いたんぱく質を取り込むことが重要で、普段の食事をおろそかにすると、いくらサプリメントを摂取したとしても体内でアミノ酸に分解された時点で食事の不足分を補うために使われてしまいます。

含有量の多い食材は肉のすじや軟骨、鶏の皮などですが、豚小間切れ肉や鮭、ウナギもたんぱく質と両方を摂れるので難しく考えずに料理に取り入れましょう。

しかし、せっかく食事に気を付けても、善玉ホルモンを減少させて合成を低下させる揚げ物などの高脂肪食や、高血糖の状態の継続により異常たんぱく質に変化させてしまう糖分の取り過ぎなどは、効果を半減させてしまうため避けてください。

合成と安定に欠かせないビタミンCや、肌の構造を支えるエラスチンを同時に摂取すると美容効果が高まる為、ビタミンCは果物や野菜から、そして、食材から取り入れるのは難しいエラスチンはサプリメントで摂取し、体全体の若さを保ちましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ