食べるコラーゲンについて

コラーゲンは、肌のハリやアンチエイジングには欠かせない栄養素です。
20歳を過ぎると減少していき、40歳で25%、60歳で50%も減少してしまいます。
サプリメントやゼリーで補ったり、粉状の物を食品や飲み物に混ぜたりして摂取することも良いのですが、同じ食べるなら美味しく摂るのも重要です。
手軽に食べられる冬の人気料理と言えば鍋ですが、スッポン鍋やフカヒレは毎日食べられる物ではありません。

そこでお勧めなのが、鍋に入れて食べるコラーゲンの商品で、スーパーに並んでいます。
スープ丸ごとの液体の商品では、エバラの鍋の素や、ダイショーの豆乳鍋スープ等があります。

他に、固形の商品や出来上がった鍋に入れるボール状の商品等、様々な種類が販売されています。

また、自宅用の商品を販売している他に、外食産業でも注目されています。

例えば、美肌しゃぶしゃぶの店「春夏秋豚」では美肌体験コースがあり、旬の肴から始まって、厳選野菜の素材サラダと美肌促進メニュー1品、メインは越後魚沼健康豚しゃぶしゃぶで、越後魚沼健康豚のばら肉とロース肉、極上刻み白葱が入っています。

更に、贅沢な食材フカヒレも入り、締めの雑炊には魚沼コシヒカリと黒米を使用していて、最後には京抹茶の甘味添えも付いてきます。
このコースの価格は4,900円で、更に、しゃぶしゃぶにカニが付いた美肌活性コース5,900円も人気です。

このように、鍋はエキスが出たスープを最後の最後まで食べられますし、何より体が温まるので、コラーゲンを摂りたい女性達の味方と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ