体内で不足するコラーゲンを補うためのおすすめの方法

私たちの身体に必要不可欠なコラーゲンは加齢や紫外線を浴びる事により減少してしまう物質な為、毎日補うことをおすすめします。
方法としては、コラーゲンを多く含む食品を食べたり、サプリメントや飲み物などから摂取したりと様々あります。
食事から摂取するなら、豚足・鶏皮・手羽先・牛すじ・エビ・カレイ・フカヒレ・すっぽん・うなぎなどを食べる事が良いと言われますが、コラーゲンは熱を加えると溶け出す性質がある為、じっくり煮込んだスープや鍋、煮魚など調理方法に気を配る事と、レモンやブロッコリー、パセリなどのビタミンCが豊富な野菜を付け合わせにして一緒に食べる事がおすすめです。

サプリメントや飲み物から摂取するなら、魚などの海の生き物が原料になっている海洋性のものが良いでしょう。

豚や牛、鶏などを主な原料とする動物性のものは独特のニオイがあるので苦手に感じる場合もありますが、海洋性のものにはニオイが少ないという利点があります。

さらに、アミノ酸に分解されやすく吸収率が良く、動物性のに比べてアレルギーの心配が低い事などから利用する人は増えています。

また、最近は「低分子」や「コラーゲンペプチド」などの体内で吸収されやすい事を表記している商品も数多くあり、自分にあった方法で毎日無理なく続けられる事が重要です。

しかし、身体に必要だからと言って過度に摂取する事はおすすめできません。
栄養バランスが崩れてしまったり、体質によってはアレルギーを起こす可能性もあるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:コラーゲン

このページの先頭へ