医療機関で行う脱毛は効果が高く注目されています

ムダ毛の処理に悩む女性は多く存在し、セルフケアではムラになったり、肌が荒れたり、頻繁行わなければならないため非常に厄介です。
その様な事もあり、近年ではクリニックで行う脱毛が注目されています。
医療機関のみ使用可能な最高クラスの機器を使うので効果は高く、また、医師の管理下で施術を行うため安全面も申し分ありません。
万が一肌のトラブルが発生してもその場で迅速に対応してもらえる点は、エステや専用サロンにはないメリットではないでしょうか。

医療機関では、主にレーザー、光、絶縁針の3種類を主に行っており、レーザーでは、黒い色素に反応して熱を発生させるものを照射して毛母細胞まで壊してしまいます。

成長期の毛髪に照射する必要があるので、照射は2ヶ月に1回、1部位につき約5回の照射をするのが一般的です。
光脱毛は、黒い色に反応する特殊な光であるフラッシュを照射して毛の細胞を壊します。

照射する面積が普通のレーザー施術より広範囲なので、より短時間にムダ毛を処理出来るメリットを持っています。
また、他の方法よりも痛みが少ないという意見もあり、痛みに敏感な人にお勧めできます。

絶縁針脱毛は、特殊コーティングを施した極細の絶縁針を毛穴の一つ一つに刺し、電流を通して毛根部を破壊して毛の成長をストップさせる仕組みです。

レーザーや光と比べると痛みが強いというデメリットはありますが、1本1本を処理するので、レーザーや光で取り残した最後の数本を処理するのに適しており、メラニン色素に関係なく施術するので白髪を抜くのにも有効です。

この様に、医療脱毛はメリットが多くお勧めできます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ