自宅でケアしたい人にお勧めなのが、家庭用の脱毛器やレディースシェーバーです

現代の女性達は、季節に関係なくミニスカートやノースリーブでおしゃれを楽しんでいます。
脚や腕、脇の下のムダ毛の手入れは1年を通して必要な身だしなみとなっていますが、カミソリで剃るとチクチク感や肌荒れが気になったり、毛抜きで抜いて毛穴が炎症を起こすなどのトラブルが心配されます。
かと言って、エステに通うのはお金も時間もかかるので躊躇してしまう人は多いでしょう。

好きな時に気軽に自宅でケアしたい人にお勧めなのが、家庭用の脱毛器やレディースシェーバーです。
代表的な脱毛処理の方法は、剃る、抜く、熱線で焼く、レーザーを照射するの4つに分類されます。

剃るタイプのものはレディースシェーバーと呼ばれ、肌表面に出ている毛のみを切ります。

メリットは刃が直接肌に当たらないので、痛みはなく肌荒れも少ない事と比較的安価な点ですが、表面の毛をカットするだけなのですぐに生えてきてしまい、頻繁に手入れをしなければなりません。

抜くタイプは、ディスクでムダ毛をつまんで毛根から引き抜くので、次に生えて来るまでの期間が長い利点が挙げられます。
しかし、敏感な部分の処理や個人差によって痛みを感じるデメリットが見られます。

熱線で焼く脱毛器は熱で焼き切るので、痛みはほとんどない上に次に毛が生えてくるまでの期間が長い利点が挙げられ、レーザー照射タイプは、メラニンに吸収されやすい波長のレーザーを照射してムダ毛を取り除きますが、製品により異なり、照射力が強いものほど効き目は強い反面痛みを伴います。

また、熱線で焼くタイプやレーザーの製品は比較的高価なので、予算と使い勝手を考えて、自分に合う脱毛器を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ