永久脱毛は大きく分けて3つの手段があります

永久脱毛は、科学的な方法で毛根を壊して永久的に体毛を生えなくする医療行為で、電気、レーザー、光を使用した脱毛方法です。
このような行為は熱を加える必要があり、やけど等の可能性もあることから、医療機関での脱毛が望ましいというのが厚生労働省の見解です。
医療機関では皮膚科や美容外科で行っていますが、近くにこのようなクリニックがないという声もあり、全国各地にあるエステサロンの方が通いやすいという点から利用している人も多くいます。

大手サロンのTBCでは、スーパー脱毛という技術で施術しており、アメリカの政府機関FDAアメリカ食品医療品局が、安全性と効果を唯一認めている美容電気脱毛を行っています。

一般的なサロンでは光を主流とした脱毛方法で定期的に通い続けなければいけませんが、このスーパー脱毛は、通うたびに確実にムダ毛がなくなっていきます。

しかし、エステサロンと医療機関の技術を比較してみると、確実に永久脱毛できるのはクリニックで行っているレーザー脱毛です。

とは言え、医師による医療用レーザーでの施術で高出力の為、短期間でしっかりと脱毛ができるケースが多いものの、痛みが強いケースもあり、費用が高いというデメリットもあります。

また、エステは女性のエステティシャンが対応してくれますが、クリニックは先生が男性という場合もあり得るので行きにくいと思う人もいるでしょう。
そして、脱毛機器を購入すれば自宅でも手軽に使用できますが、自分でやるのでムラになりやすいという欠点もあります。

脱毛を考えている人は、自分に合った手段をよく考えて選んでください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ