男性だけが悩んでいる訳ではない女性の脱毛症について

これまでは、頭髪の抜け毛は主に男性の悩みと考えられてきましたが、女性の社会進出や生活環境の変化などによって、年齢を問わず若い世代でも女性の抜け毛は急増しており、10人に1人が薄毛や抜け毛の悩みを抱えていると言われています。
薄毛や抜け毛で悩む女性の多くはび漫性脱毛症で、男性型のように特定した部分が薄くなるという症状ではなく、頭の広範囲の毛が抜けて薄くなります。

主にストレスや1ヶ月に5キロを超えるようなダイエットによるホルモン分泌の異常、老化、過度のヘアケアが原因で起こり、髪が痩せて全体が徐々に薄くなるので、初期段階ではなかなか自覚が出来ません。

自分の症状に気付くのは、髪が細くなる事でコシがなくなり、意図するスタイリングが上手く行かなくなった時に感じるようです。
髪の毛が少しでも薄くなってきたと感じたら、側頭部や後頭部などを中心に、頭部全体を確認するようにチェックしてみましょう。

薄毛・抜け毛の進行が確認出来たとしても、原因を取り除けば症状は改善される可能性が高いので落ち込む必要はありません。

逆に、精神的に落ち込む事はストレスを蓄積してしまう原因にもなり、症状が悪化する可能性もあるので、まずは医師に相談して治療を開始しましょう。

また、薄毛を進行させないようにする為には、医師の適切な治療の他にセルフケアも必要です。
具体的には、健康的な生活習慣で、栄養バランスの取れた食事をし、自分に合ったシャンプーや整髪料を使用します。

洗髪では、指の腹で毛穴の汚れを揉みだすつもりで頭皮を洗う事を意識するだけでも有効な対策となるので、是非実践してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ