自宅での脱毛対策は抜くか剃るかに二分されます

ノースリーブや半袖、ショートパンツやミニスカートなど、大胆に肌を見せるファッションは若い女性の間で定番となっていますが、ムダ毛の生えた腕や脚ではせっかくのおしゃれも台無しです。
自宅での脱毛対策は抜くか剃るかに二分されますが、どちらも生理前後は身体の抵抗力が落ち、皮膚が敏感になっているのでこの期間のムダ毛処理はお勧め出来ません。

毛を抜く場合、腕や脚の毛は基本的に同じ方向に向かって生えており、肌も比較的丈夫なので他の部位ほど注意はいりませんが、炎症やかぶれを起こす可能性は0ではないので注意しましょう。

脱毛ワックスや除毛クリームを使用の際は、薬剤の塗布によって広範囲を一度に脱毛出来るので腕や脚の脱毛に最適ですが、充分に効果を発揮させるにはある程度毛の長さが必要です。

ですから、常に毛のない状態にしていたい場合は不向きです。
従って、薄着になる直前のムダ毛対策や、手入れを怠ってフサフサと生えている様なケースには有効と言えます。

抜いた後、皮膚に痒いなどの不具合が生じた際には、肌を冷やしてケアしましょう。
次に、剃る人の処理方法ですが、まず蒸しタオルを当てて毛穴を開きムダ毛を柔らかくします。

そして、毛の生え方を確認し、シェービング剤をまんべんなく付けて毛の流れに沿って剃ります。
剃り残しを確認したら、軽くすすぐかタオルでシェービング剤を拭き取れば終了です。

その後、低刺激性のローションなどでしっかりと保湿をします。
また、使用後の剃刀は刃に毛や角質が残ったままだと雑菌が繁殖するので、必ず綺麗に洗い流し乾燥した場所で保管してください。

ムダ毛の対策をしっかり行い、スベスベの肌を保ちましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ