ビキニラインの自己処理による脱毛

夏になると肌を露出する機会が増えますが、特に水着に着替えた際のビキニラインに気を使うという女性は多いのではないでしょうか。
また、せっかく処理してもかゆみやかぶれといった肌トラブルが発生してしまっては、海やプールに入る事も出来ず台無しです。
ビキニラインは自己処理を行う人が多く、抜く、剃る、除毛クリームを使用するなど、様々な方法が存在します。

アンダーヘアを処理する場合、水着からはみ出て生えている部分のムダ毛を減らす事と、アンダーヘアそのものの長さを整える必要があります。

剃刀やシェイバーでの剃毛は手軽なのでムダ毛処理で最もポピュラーな方法ですが、肌への負担が大きく、角質を剥がしてしまったりすぐに毛が生えてくる為、頻繁に処理しなければならず、色素沈着といった肌トラブルを誘発するデメリットを持っています。

また、鋭利にカットされる為、毛先が水着から突き抜けてしまう恐れもあるのであまりお勧めできません。
仕上がりの美しさや肌への負担という観点からみると、レーザーや光脱毛が最も適しています。

エステサロンやクリニックでの施術が確実ですが、家庭用脱毛器でもレーザーやフラッシュタイプのものが出回っているのでセルフケアも可能です。
長さの調整では、切断面が丸くなりチクチク感が少ない熱線により毛を焼き切るヒートカッターが好ましいでしょう。

アンダーヘアの手入れは形を整え、下着や水着からはみ出さない事も大切ですが、清潔で快適に過ごす為にも重要です。

エチケットとしてだけでなく、衛生面からもアンダーヘアの手入れをする様に心掛け適切に行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:脱毛

このページの先頭へ