睡眠障害と不眠症の関係とその改善方法

睡眠障害の中には、不眠症や過眠症、ナルコプシーや睡眠時遊行症といったものがあります。
どれも熟睡できない場合や日中の眠気をコントロールできないといった症状が挙げられ、これは、生活に支障をきたす場合が多く、しかしこれらの症状は、改善することができます。

現在では、睡眠外来といった睡眠の専門の医師がいる病院があり、生活に支障をきたすような場合は、こういった専門の病院を受診することが可能です。

まず不眠症の場合、睡眠時無呼吸症候群が起因となっているケースが見られ、これは睡眠時のいびきで分かります。
睡眠時にいびきで呼吸が止まってしまう為、眠っていた脳が起きてしまい、その為、眠りが浅くなってしまい、熟睡をすることができなくなります。

喉に原因があり、眠っている時に喉の気道が狭くなる人は、睡眠時無呼吸症候群になる場合が多いのですが、この解決方法としては、喉の気道を開く為の器具を付けて眠るという方法が有効的です。

次に長時間眠ってしまい、日中の眠気をコントロールできない睡眠障害があります。
これは、朝起きることができな場合や重要な会議で眠ってしまうという場合で、この場合は、病院で睡眠時の脳波を調べてもらって下さい。
脳波を調べることによって、睡魔の原因が分かります。

またどうしても昼間起きることができない時は、薬で日中の眠気をコントロールする方法があるので、検討して下さい。
しかし睡眠障害の対策で大切なのは、起きたら朝日の光を浴びることで、深い眠りのレム睡眠では起きず、浅い眠りのノンレム睡眠で起きる生活習慣を身につけることです。

またノンレム睡眠で起こしてくれる目ざましもありますので、そういった商品を活用して、熟睡する手助けにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ