不眠症の症状を改善して質の高い睡眠をとりましょう。

日本人が不眠症にかかる人は5人に一人の割合です。
とくに中高年以降になるとその割合が多くなってきます。
不眠は寝る時間の長さではなく、目覚めた時のだるさや、眠気が残っている、健康的な睡眠がとれずに日常生活に支障をきたしてしまう程度によって判断されます。

逆に言うと睡眠時間が短くても、ぐっすりと寝る事ができ、体を休めてリフレッシュできれば目覚めも爽快になるため、不眠ということにはなりません。
眠りの質を高める事が重要と言えます。

不眠は精神的なストレスが原因となる場合があり、うつ病などの精神疾患を患った場合に見られ、症状がひどい場合は心療内科を受診し、専門医による治療を受けると良いしょう。

咳や喘息、熱、かゆみ、くしゃみ、鼻詰りなどの体調不良で身体的な不快感が原因でおこる事もあり、突然呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群も不眠の原因と言われています。
この場合これらの原因を直しておくことが先決となりますので、各症状に合った医療機関で専門医による治療を受けましょう。

不眠が引き起こす体調不良が動悸、息切れ、めまい、胃腸障害、肩こり、慢性疲労などを起こし、精神的なバランスを崩してそこからうつ病に発展する事もあり、生活面での工夫が改善につながる事が多く、騒音、温度、明るさ等の調節やイライラを鎮めるための読書や音楽、枕やマットレスを変え事も効果があります。

眠りやすい環境を整えることやリラックスする事に心掛けましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ