生活習慣を変化させる方法での、不眠症の解消法

なかなか寝付けない、寝ても夜中に目が覚めてしまう。
そのような不眠症の症状は、つづけばつづくほど昼間の行動にも影響してきて、身体的精神的にも苦痛を覚えてくるようになってきます。

その解消法にはさまざまなアプローチから行うものがありますが、たとえば生活習慣を見直してみるという比較的やりやすい方法があり、眠り
に入りやすくするために見直すべき生活習慣のひとつにはまず、カフェインを寝る前に摂らない、という方法です。

これはいわずもがなの心がけではありますが、脳を目覚めさせる作用のあるカフェインは当然入眠を妨げます。
同様の意味では、アルコール類の摂取も良くありません。

また、薬によっては眠りを妨げてしまうこともありますので、摂取していてなおかつ眠りにくいという人は、知識のある人に相談してみると良いでしょう。

そして、寝る直前までパソコン、テレビ、携帯電話のような光を発する画面を見続けることも避けたい習慣です。
ちかちかするそれらのディスプレイによって脳は目覚めさせられてしまいます。

寝る30分ほど前にはそれらの画面は見ないようにして、音楽や読書など、雑音をカットして眠りへの準備を行い、ほかにも、1時間ほど前には入浴を済ましておくようにすることも、身体のリラックスを誘い、効果的であるとされています。

いずれにしても共通しているのは、心身ともに眠るための準備をそれとなく進めていくということで、今まで遊んでいた人がぱっと横になって眠れるわけがありませんので、徐々に自分を眠りの世界へ移していくように、ゆったりとした時間を作るようにする心がけが大切なのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ