不眠症は漢方薬を飲み続けることにより熟睡が得られ入眠障害に効果があります

不眠症は睡眠障害の一つで、慢性的に眠れない状態が続いていることをいいます。
現代社会においては多くの人々がこれに悩まされており。一般的に不眠症患者は睡眠導入剤や精神安定剤を服用しますが、しかし、これらの薬は薬物耐性や依存性が強く、長期間にわたり飲み続けることはあまりできません。

それに対して漢方薬は即効性はあまり期待できませんが、飲み続けることにより熟睡が得られ、入眠障害に効果があるとされています。
また、睡眠導入剤のような副作用などもなく、安心して飲み続けることができ、漢方薬の中で保険が適応される代表的なものは、大紫胡湯・半夏厚朴湯・抑肝散・温経湯などがあります。

これらの薬は心をリラックスさせ、自然な眠りを誘い出す効果が期待されます。
漢方薬には非常にたくさんの種類があり、不眠症といってもどの薬に効果があるかは患者さん次第です。

例えば、ストレスや精神的刺激が原因での不眠には温胆湯を、食事やなんらかの原因で体内に熱がこもり、興奮して寝付けない場合には黄連解毒湯を用います。

もちろん、薬などに頼る前に不眠の原因を取り除くのも大切で、前にリラックスする時間を取り入れてみたり、テレビやパソコンなどを控えて脳が興奮するのを防ぐ、また自分にあった寝具を使うのも良いでしょう。

それらの努力を行っても不眠が改善されない場合は、長期的な改善を目標に病院を受診し、医師に薬を処方してもらうのも良いのではないでしょうか。
その際は自分に合う漢方をみつけることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ