不眠症に効果のあるサプリメント

不眠症は一時的なものであることも多いですが、程度が重くなると日常生活に悪影響を及ぼす場合があり、別の病気を引き起こす可能性もあるので、放置しておくのは良くありません。
特に、育児のストレスや更年期、うつ病などが原因で不眠症になってしまうケースが最近は多く、睡眠を促すサプリメントが販売されていますので試してみるのも良いでしょう。

不眠症に効く成分には、ギャバ、テアニン、バレリアンがあり、また、睡眠のリズムを整えるホルモンとして、メラトニンがあります。
昼と夜の反応を高めて睡眠のリズムを調整する成分は、ビタミンB12だとされています。

また、うつ病やあがり症に効果があるのは、セントジョーンズワートです。
不眠症は、基礎疾患がないのに訴える人も多いですので、個人の体質や症状に合わせてこれらのサプリメントを利用して対策を打っていきます。

一般的にはバレリアンが多く、メラトニンも効果的です。
ただし、これらは日本では医薬品に分類されますので、医師に相談して処方してもらう必要があります。

これらには離脱症状がありますので、サプリメントに頼るのが良いでしょう。
セロトニンを充足するならセロトアルファやマインドガードDX、脳に働き神経の興奮を抑えてくれるギャバを充足するにはギャバサプリメントがあります。

これらはいずれも自然成分ですので、副作用の心配はありません。
ただし、いつまでも医薬品やサプリメントで改善されない場合は、かかりつけの医者に相談しましょう。
また、体調が優れない時はすぐに中止してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ