心身に悪影響を及ぼす不眠症を治療する方法

何らかの原因によって睡眠が妨げられ、普段の生活に様々な悪影響を及ぼす睡眠障害のことを不眠症と言います。
この症状は、床に就いてもなかなか寝付けない入眠障害や、眠りに落ちても途中で何度も目が覚めてしまう中途覚醒、朝早く目が覚めてその後眠れなくなる早朝覚醒、長時間の睡眠をとったにも関わらず寝た気がしない熟眠障害と、大きく分けて4つの種類があります。

これら不眠の状態を放っておくと日中強い眠気が襲ってきたり、集中力や記憶力が低下したり、肌質が悪化するなど体に良くない影響が出てしまいますから、深刻化する前に治療を行いましょう。

改善方法をいくつか挙げますと、1つ目は規則正しい生活習慣を身に付けて、体内のリズムを整えることです。

体内リズムを調整するには、朝目が覚めたらすぐに太陽の光を浴びたり、起きる時間を毎日一定にすることなどが効果的で、そうすると夜に自然な眠気が促されます。

また、就寝前に脳に刺激を与えるような要素を取り除くのも症状を治すための方法の一つです。

例えば、パソコンやテレビといった強い光の刺激は脳を覚醒させてしまいますし、コーヒーや紅茶などのカフェインを含んだ飲料も脳を興奮状態にしてしまうので、寝る前は遠ざけましょう。

3つ目の方法は不眠症に効くサプリメントを使用することで、サプリメントの成分には気分を落ち着かせてくれる効果や自然な眠気を促すといった色々な効果があり、副作用の心配もないので安心です。

心も体も元気になるために不眠症を治療して、生き生きとした毎日を送りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ