不眠症は病院に行く前に出来る改善策がたくさんあります

不眠症は、なかなか寝付けない、寝てもすぐに起きてしまい質の良い睡眠がとれないといった様々な症状があります。
質の悪い睡眠を続けると昼間に睡魔に襲われたり、イライラしたりと周囲に迷惑をかけてしまうケースも見られます。
更に、精神障害や睡眠薬の過剰な使用、薬物依存症に繋がる可能性もあるので、不眠症の症状があるならば早めに改善しましょう。

では、病院に行く前にどの様な事が出来るでしょうか。
まず、運動をする時間がある方は軽く体を動かす事がお勧めですが、昼間に興奮しすぎると寝つきが悪くなる事があります。

激しく運動すると逆効果になってしまうかもしれないの注意しましょう。
また、カフェインの取り過ぎにも注意が必要です。

全く影響のない人もいますが、医学的にもカフェインは覚醒作用があると言われていますので、寝る前に摂取する事はやめておきましょう。
その他にも、ゆっくり入浴することもおすすめで、熱すぎない程度の湯で半身浴をし、軽く汗をかくと効果的です。

入る時間帯は寝る一時間前ぐらいが良く、お湯の温度が熱すぎるとかえって目が覚めてしまうことがあります。
また、交感神経の興奮を抑える事も重要で、寝る前のテレビやパソコン、スマートフォンのブルーライトを浴びる事は控えるようにしましょう。

不眠症改善には休息アミノ酸も効果的で、健康食品もあり手軽に摂取することが出来ます。

このように不眠症の改善策はたくさんありますので、出来る事から始めましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ