不眠症の原因と対策について

不眠症は、夜寝つきが悪い、朝早く目が覚めてしまう、眠りが浅く眠った感じがしないといった不快な症状が続き、日中の眠気や注意力の欠如、疲れや体調不良などを引き起こしてしまうことを言います。
日本においては、約5人に1人の割合で不眠に悩んでいる人がいるとのデータも存在します。
タイプ別に分けてみますと、床に就いても1時間以上眠りに就けない入眠困難、眠りに就いても翌朝起床するまでに何度も目が覚めてしまう中途覚醒、予定時刻の2時間以上前に目が覚めてしまいその後眠れない早朝覚醒、眠りが浅く熟睡感が得られない熟眠障害等があります。

こうした症状の原因として、ストレスが挙げられます。

ストレスによる緊張は睡眠の質を低下させまますし、他にも、心の病や病気による服薬、嗜好品等の刺激物の摂取、生活リズムの乱れや生活環境などでも症状は悪化します。

大きく関わるストレスへの対策法はいくつかあり、ストレス解消は生きていく上でとても重要な課題です。
例えば、ヒーリングミュージックを聴く等、心地よいと感じられる音楽だとリラックス出来る効果があるとされています。

また、アロマテラピーはキャンドルや専用のアロマポット等を利用して好みに合った香りをかげば、精神のリラクゼーション効果があります。

そして、気の合った人とお食事をすることや散歩もお勧めです。

心と体が落ち着くと自然に眠気が現れてくることも多くありますので、良眠を得る為に是非試してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ