不眠症対策による睡眠薬使用によるリスク

日本では不眠症に悩む方が5人に1人の割合でいると言われています。
不眠症には入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などがあり、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が現れる病気です。
一日でも早く取り除くには不眠の原因を診断してもらい、安眠法を見つける事が肝心で、眠れない状態を長引かせると症状を長期化させる要因になってしまいます。

上記の症状で何日も苦しむ方が医療機関に相談した場合、睡眠薬を処方される場合があります。

睡眠薬と聞くと、「危険ではないか」「依存性があるのではないか」などと思う人がいますが、リスクを少なくする為には医療機関を受診して、適切な指導を受ける事をお勧めします。

リスクの多くは、医師の処方に従わずに途中で服薬を止めてしまったり、効かないからと多量に飲んでしまう等の要因があります。
睡眠薬は何種類もあり、症状によってその人に合う薬が処方されます。

医師は問診によって薬の量を変えたり薬を変更したりするので、使用する側は処方された薬の効能を知ることが大切ですし、毎日の睡眠記録を取って医師に報告することが重要になります。

ドラッグストアでも睡眠薬を求める事が出来ますが、その場合も同様にリスクを知る必要があります。
睡眠薬の注意書きでは、長期にわたっての使用を禁じています。

手軽に購入できますが自己管理が大切で、家族や周囲の人の協力を得て、早期に治療して快復を目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不眠症

このページの先頭へ