赤ちゃんは1日の大半を布団の上で過ごすことになるので、ベビー用のものを選ぶ必要があります

赤ちゃんは1日の大半を布団の上で過ごすことになるので、快適に眠ることができるよう、布団の選び方は重要になります。
大人とは違って骨や関節が未発達で体温調節がうまくできず肌がデリケートですので、ベビー用の赤ちゃんに合った硬さのものを選ぶことが大切です。

赤ちゃんは汗かきで、寝返りを想像以上に打ちますので、赤ちゃんに合った素材のものを選ぶようにしてください。
選ぶ上でのポイントとしては、湿気を放出してくれる素材のもの、温度を適切に保ってくれるもの、また、掛け布団は寝返りしやすいように軽いもの、そして、肌に優しい天然素材のものが挙げられます。

放湿性の高い素材には、羽毛や羊毛、綿があります。
羽毛は放湿性が高く体にフィットして暖かさを維持することができますが、逆に体温の高い赤ちゃんにとっては熱を逃がすことができなくなり汗をかいてしまう恐れもありますので、薄手のものを選ぶようにしてください。

羊毛は放湿性、保温性ともに優れており、冬は暖かく夏は涼しい性質があるので、夏場に毛布代わりに使うこともできます。
現在の住宅は非常に機密性が高く断熱材も高度なものを使用していることが多いので、比較的冬でも室内は暖かになります。

綿は、放湿性は羽毛や羊毛などと比べると劣る面がありますが、羽毛や羊毛ではかえって暑すぎてしまう場合もあるので、十分に対応することができるでしょう。

また、いくら放湿性の高い素材を選んでも、一日中赤ちゃんが寝ていれば外に逃げることができない汗などが内部に残り、カビなどの原因になりますので、こまめに干してあげるようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:布団

このページの先頭へ