快適な睡眠のために布団をカビから守る方法

人間は、人生の約3分の1を睡眠時間に費やしていると言われますが、現代社会では睡眠時間は短くなる傾向にあります。
深夜までの労働や自宅でのテレビ視聴による夜型の生活の定着や、遠距離通勤のための長時間の通勤時間など、現代人の睡眠時間を奪う原因は現代社会に溢れています。

また、不規則な生活習慣のために、まとまった睡眠時間をとることができない場合も多く、十分な睡眠時間が得られないこともあります。

このように、現代社会では本来人間が必要と言われる約8時間から10時間の睡眠をとることは、生活習慣などから困難な場合が多く、短期間の睡眠でも十分な休息を取ることができるように、布団やベッドなどの寝具について十分に気を遣うことが必要です。

睡眠中に何度も寝返りをうつと言われていますが、体勢を変えることによって全身の体重がかかる位置を変更して体の疲労を軽減しています。

このため、寝返りをうつのに支障とならないように、ベッドクッションの堅さを調整することが必要です。
ベッドのクッションが弱くなったりした場合は、新しいものに買い換える時期が来ていると考えるべきでしょう。

また、湿気の多い日本で特に注意したいのがカビです。
寝ている間にも汗をかくため、その汗が布団に吸収され、カビの繁殖の原因となります。

さらに、押し入れなどに寝具を収納する場合でも、押し入れの中で成長したカビが寝具に移り、寝具の中で繁殖するのです。
不衛生な寝具で寝ると、睡眠中に胞子などを吸い込むことになり、呼吸器系に悪い影響や鼻炎の原因となることもあります。
そうならないために、布団乾燥機や天日干しなどを定期的に行い、寝具を清潔に保つことが十分な睡眠には必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:布団

このページの先頭へ