布団圧縮袋は扱い方を丁寧にしないと破けてしまいます。

誰もが一度は使用した事があると思われる布団圧縮袋ですが、わりと多くの失敗例があると聞きます。
原因としては、金額の安さから質が悪かったり、使用方法に間違いがあったなどが挙げられています。
正しく使う事で、家庭での不用品や整理整頓にとても役立つ収納グッズなので、きちんとした使い方をマスターすれば忙しい主婦にとってはありがたいアイテムです。

では、失敗しないために、まず何に一番気をつけなくてはいけないのかというと、取扱説明書をよく見るという事です。
多くの人達がサラッと流し読みだけをして使ってしまっているものなので、ここが失敗の元とされています。

その中でも、特に重要なポイントとして書かれている点が、チャック部分を濡れ雑巾でよく拭くという事です。
なぜそこを注意しなくてはいけないのでしょうか。

理由は色々ありますが、細かいホコリがついていて、それを除去して水分で湿らす事によりチャック部分が密着しやすくなるからです。
だから、非常に大切な工程なので、適当にしてはいけない事がわかるでしょう。

他にも、圧縮した布団を引きずらないという事も重要です。
これは穴が開いてしまうのを防ぐというのが一番なのですが、簡単に開いてしまうので、扱い方は丁寧にしなくてはいけません。

例えば、100円均一で売っているものとそれより若干高めな布団圧縮袋とでは、どちらが破れにくいのかというと、基本的な構造や材質に変わりはさほどないみたいですが、袋の厚みには違いがあるため気をつけましょう。

大抵の商品は繰り返し使用可能と記載されていますが、繰り返し使用が目的であれば、価格が安いものよりは少し高価なものを選んで購入することをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:布団

このページの先頭へ