羽毛布団をクリーニング(丸洗い)する方法

布団は羽毛布団でもカバーをこまめに取り換えれば、清潔に使用できます。
頻繁に日に干す必要はなく、風通しの良い場所なら屋内に広げておくだけでも十分です。
しかし、何年も使用していると汚れが気になって仕方がないと思われる方もいらっしゃることでしょう。

近年は、綿布団もクリーニング(丸洗い)できるようになりましたが、羽毛布団もクリーニング(丸洗い)できるのでしょうか。
結論から言いますと、出来ます。

しかもご家庭で、思ったよりも簡単に出来るのです。
手洗いなら、ゆっくりと中の空気を出しながら押し洗いをします。

洗濯機なら小さく纏めてネットに入れ、やさしいコースで洗います。
洗剤は中性のものを使用しましょう。

気を付けたいのは、洗剤やすすぎ水の浸透・脱水が、通常の洗濯物より不十分になりがちな点です。
これは縫製の目が密なために起こることなので、時間をかけることで解消できます。

また、羽毛によっては、製造時の脱脂が不十分なため動物臭の汚れが出てくるものもありますが、それは洗剤を多めに入れて対処しましょう。
そして、日光に当てて干しても何ら不都合はありません。

中のものを時々ほぐしながら干すとふっくら仕上がります。
このようなお手入れは2~3年に1回が目安ですが、ご家庭での取扱いに苦労するような大きなサイズや中の量の多いもの、特殊加工(抗菌・防臭・防虫・防カビなど)を施した製品などがたくさん出ています。

これらは家庭でのお手入れが難しい場合もありますので、まずはタグを確認されると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:布団

このページの先頭へ