子供の昼寝の重要性と、良い昼寝布団とは

よく寝る子は育つと言いますが、実は科学的に立証されています。
人間は睡眠という休息で、体と脳を休めて健康のバランスを保ちます。
更に、子供の場合はそれだけではなく、睡眠中に成長ホルモンを分泌して体と脳の発達を促します。

その為にも、成長が著しい乳幼児期の昼寝は欠かせません。
しかし、最近の日本は生活が夜型化しており、夜更かしする乳幼児の比率が先進国中で一番多いという結果が出ています。

夜型化してしまうと脳の発達が遅れ、学力不足や攻撃的な性格になるという恐ろしい調査結果もあります。
脳の成長に一番大事な乳幼児期は、親が良い睡眠が出来るようにサポートする必要があります。

生後8ヶ月後から昼寝をするようになり、個人差はありますが3~4歳くらいまでは昼寝が必要です。

その為には昼寝布団の選び方が重要で、店頭でよく見かける安い布団は、ポリエステルわたを使った輸入物ばかりで、国産の綿わた100%使用の物は置いてありません。

このポリエステルは熱が籠りやすく、寝入りばなや睡眠中に汗をたくさんかく乳幼児には不向きです。
反面、綿わたは吸湿性と放湿性でこもった熱を上手にコントロールしてくれます。

良質な昼寝布団を買うなら「お昼寝布団本舗」がお勧めで、厳選した安全な高級綿を使用し職人が手作りしているのでオーダーメイドが可能です。

更に、製造直売なので高品質な物がお得に買えますし、市販品より耐久性がある事も魅力的です。
使う時期が限定されている物ですが、この店では打ち直しも可能なのでリサイクルして長く使えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:布団

このページの先頭へ