髪に良いとされる食材を毎日バランスよく、日頃の食事に取り入れることで促進へとつながります

発毛促進には、食べ物が重要です。
毎日の食事の中で、髪に良いとされる食材を摂るように心がけましょう。
髪の毛を育てるためには、血行促進効果のあるものや、たんぱく質やビタミン類などの栄養素を含む食品を摂取し、同時に緑黄色野菜に含まれる抗酸化作用のある成分や、たんぱく質を合成する亜鉛なども摂取すると良いとされています。

髪の主成分は主にたんぱく質で、それは、肉類、魚介類、大豆製品、乳製品等に含まれているものです。

ここで注意するべき点は、たんぱく質を含む食材だとしても、偏って多く摂りすぎてはいけないということで、脂分の多い体質の人が、肉類ばかり摂取してしまうと栄養バランスが崩れるだけではなく、頭皮の油脂が過剰になりフケやかゆみの原因にもなってしまいます。

食事はあくまでもバランスよく食べるということが一番大切で、特にビタミンAがポイントです。

頭皮が乾燥している人やフケの多い人は、ビタミンAが不足しているという見解が一般的となっており、ビタミンAを摂取することにより、頭皮を健やかに保つことができます。

ビタミンAを多く含む食品は、レバーやアーモンドなどです。
また、毛細血管を広くし血液を体全体にスムーズに運んでくれる働きをする、ビタミンEの摂取も大切で、ゴマや大豆類、植物油に多く含まれています。

これらの食品を毎日バランス良く、偏ること無く日頃の食事に取り入れることで発毛へとつながります。
効果的な食材を多く摂取したからすぐに効果が出るという訳ではありませんので、毎日続けることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ