髪を生やす治療は、ミノキシジルなどの成分を高濃度で含んだ発毛剤などを購入して行う方法

髪を生やす治療は、大きく分けるとインターネットや薬局などを利用して発毛剤などを購入して行う方法と、クリニックや病院で治療を行う方法の2種類があります。
発毛剤には、様々な種類が販売されています。

まず頭皮に塗布するタイプで、ミノキシジルなどの成分を含んだものがあり、もともとは高血圧の経口薬として開発されたものです。
毛細血管を拡張する作用があり、ミノキシジルを含んだ製品は世界各国で販売されています。

選ぶポイントとしてはミノキシジルの濃度で、海外で販売されている製品は、日本で販売されている製品よりも濃度が高く、日本では認可されていない高濃度のものを購入することが出来ます。

また、ミノキシジルのほかにも、フィナステリドという成分を含んだ製品もありますが、このタイプは種類に問わず、長期間あきらめずに使用することが重要です。

次に、発毛の治療として、クリニックや病院で行う方法もあります。
専門的な治療を行うクリニックでは、単に治療薬を処方するだけでなく、最新の技術で検査を行って、薄毛の原因を客観的に判断してもらえます。

また、医薬品による治療の他にも、精神面のケアや食生活の指導など、総合的なケアもしてもらえ、専門医のアドバイスを受けながら、抜け毛の予防を行うことも出来ます。

最近では、毛髪専門のクリニックや美容クリニックなど、薄毛の対策に力を入れているところもあり、認可薬が増えてきたことで治療の範囲も広がってきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ