日本発毛協会は、新しい発毛法の研究や創造、お互いの情報交換、技術交流、勉強会を行う為の会です

日本発毛協会は、1973年に前身である全日本毛髪科学研究会が発足し、1985年に改名されました。
発毛の本来の目的や理論、技術、社会との関わりを視野に入れて、新しい発毛法の研究や創造、お互いの情報交換、技術交流、勉強会を行う為の会です。

理容師を中心に会員を募り、現在では株式会社MSG、チェンジヘアサロン、有限会社M・CULB等によって構成されています。
自然治癒力発毛理論を提唱し、2002年には「やさしい自然治癒力発毛法」を出版しました。

自然治癒力発毛法とは、養生によって一代退化現象を食い止め、改善することが基本となっており、自然治癒力発毛法における自然治癒力に関する学術として、波動や気学及び東洋医学、生命力及び恒常性維持機能に関する医学、生体における生理学及び遺伝子学、生体電子物理学、分子矯正医学及び栄養学、製薬理学、公衆衛生及び保健学、心理学が挙げられます。

毛髪や美容に関する学術や、発毛や育毛に関する技学についても言及されています。
活動内容として、講演やセミナーの他、研究やアンケート調査等を行い、薄毛改善に役立てているのです。

研究に対しての考えとしては、理論や実技の有効性が実証的でなければならない事、十分な安全性が確保されなければならない事、発毛のために日常生活や身体に支障をきたしてはならない事、生理学的な見地から合理的な体系でなければならない事、慣習的な悪しき常識にしばられてはならない事、他の発毛法等を実証なしで否定してはならない事、限られた生活時間の中で最も有効的な発毛法を追及する事が挙げられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ