女性ホルモンのしくみを知って発毛に向けて前向きになろう

女性が社会進出をするにつれストレスも増える中、薄毛に悩む女性も増えた事は事実です。
今では、薄毛は男性だけの悩みでは無くなったと言えます。
しかし、女性の薄毛の原因は、男性とは少し異なっており、髪の成長には女性ホルモンが大きく関係しているのです。

女性ホルモンのうちエストロゲンは、髪の毛を長くするという役目が特徴で、プロゲステロンは頭皮にある毛根を守ってくれるという作用があると言われています。

女性は、男性よりもエストロゲンの分泌が多い為、美しい黒髪は女性らしさの象徴とされてきました。

若い頃はエストロゲンの分泌が多いので髪の悩みを感じなかった女性も、加齢の影響を受けてエストロゲンの分泌が減り、髪の成長サイクルが短くなり、髪が細くボリュームがなくなって薄毛に悩むようになるのです。

50歳前後で迎える閉経後には、エストロゲンの分泌はゼロになってしまう為、この世代から薄毛に悩む人が増えていきます。

この時期は生活習慣を整え、髪の健康を支える栄養素を沢山含んだ食事を心がけて、マッサージ等で血行を促進し、正しい髪のケアを続ける事が大切です。

髪の成長にはたんぱく質が必要と言われています。
たんぱく質を多く含む食品には、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品があります。

高カロリー高脂肪食の食事を避け、上記の食品を採る事によって、血液中の栄養が頭皮に運ばれ発毛へとつながるのです。
現在では、こうしたアドバイスをしてくれる発毛外来を備えた専門のクリニックもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ