薄毛の原因と発毛外来の治療方法について

日本人男性の3人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。
原因としては、ストレスや加齢に伴うものやヘアケアのダメージによるものの他、最近では、男性型脱毛症という病名もあり、深刻なものとなっています。
これらは「一時的な脱毛症」と「進行性の脱毛症」の2つに分けられ、進行性の脱毛症をAGAとも言います。

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略で、薄毛で悩む男性のほとんどがこのAGAが原因とも言われている程です。

AGAの原因は、主に男性ホルモンや遺伝性のもので、髪の成長を抑制していると言われており、薄毛に関する治療法は様々ありますが、発毛外来では、皮膚にメスを入れない安心、安全な治療で保存的療法と呼ばれ、元々、体内にあるホルモンに作用する薬剤を経口投与したり、外用薬を塗布するといった治療が行われます。

気になる発毛外来の治療内容は、まず、カウンセリングを受けることになります。
ここでは主に、治療の内容や注意事項、費用の説明があるので、疑問に思うことはしっかりと聞いて理解をしておくことが大切です。

治療をはじめる意思が固まれば、早速初診が始まります。

ここでは専門医師による、頭髪や頭皮の状態はもちろん、身体全体の健康状態の診察もあります。
その後、検査の結果を元にして、患者個人に合わせた治療薬や今後のプランが決まっていきます。

発毛外来を受診した際に掛かる費用は、診察と1ヶ月分の薬が処方された場合、3万円前後と少し割高ではありますが、一般的に3~6ヵ月で発毛の兆候が見られ、個人差はありますが効果を実感できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ