アメリカの最先端発毛治療の種類と日本における研究と現状

抜け毛や薄毛の悩みといえば、以前は中年以降の男性に集中していましたが、今となっては性別や年齢に関係なくなってきており、年齢については若年化が進んでいます。
それに比例して、抜け毛や薄毛の対策療法や商品研究はさらに盛んになり、現代では発毛の研究が世界中で行われています。

ここ日本では、かつらや植毛技術もありますが、発毛に関する技術は最先端をいくアメリカには劣っています。
アメリカでは投薬治療だけでなく、レーザー治療も取りいれられています。

そもそも、抜け毛や薄毛などの明確な原因はいまだ解明されておらず、ホルモンや遺伝、ストレス、生活習慣や食生活の変化など、いろいろな理由が指摘されています。

ラットを使った例では、遺伝子を移植することで一部成功しています。
また、前述のアメリカにおける投薬やレーザー治療で、効果的な結果が出ている例もあります。

日本でも同じ治療を受けることができますが、1回の治療が高額であり、なおかつ治療は1回ではなくある程度まとまった回数を継続する必要があるため、治療費総額は数十万円になります。

もちろん、保険適用外ですべて自己負担となるため、納得もしくは十分な効果が得られるまでは相当な経済的負担が見込まれます。
しかしながら、それと同等に、当事者にとって髪の毛の悩みは相当なストレス要素であることは否めません。

ありとあらゆる原因を考えながら、試すことのできる対策を講じている人がほとんどでしょう。
髪の毛はその人の第一印象を大きく左右する要素でもあるため、早く解決したいと望む人が多くいます。

一部の民間企業が懸命に発毛の研究を行うだけではなく、予想される要因に関係する分野が協力し、もっと公的補助が施されるようになると、程度の差はありますが現代人のストレス解消や現代病の改善にもつながることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ