食事の改善で発毛の手助けをするメニューを考える

髪の印象で人の見た目は大きく変わると言っても過言ではなく、髪の悩みは男女問わずあり重要な問題となっています。
ほんの少しの食事の心掛けで発毛へと導くことができれば、こんなに素晴らしい話は無いでしょう。
一般的に、必須アミノ酸が不足すると毛髪や頭皮に悪影響を与えると言われていて、卵、豆類、乳製品などのタンパク質の補給が大切になります。

これはスポーツ選手の筋肉増強の効果と同じで、卵焼き、納豆、ヨーグルトなど、朝食に適したメニューがたくさんありますので、少し早起きして朝から髪への栄養補給をしましょう。

また、ビタミンA、B2、B6が豊富に含まれる緑黄色野菜の積極的な摂取を心掛けることも重要で、ピーマン、ニンジン、トマト、カボチャなど苦手意識を持たれやすい野菜ではありますが、調理方法や味付けに工夫すれば少しずつでも食べられるようになりますし、スープやジュースにして飲むのもお勧めです。

髪に良い食べ物の代表として昔からよく言われるのが、ワカメや海苔、昆布等の海藻で、育毛シャンプーの成分にも使用されているものなので、確実に摂取したい栄養素と言えます。

他に、鉄分豊富なレバーや貝類、唐辛子も押さえておきたい食材の一つで、体の内側から体質改善をすれば、少しずつでも髪へ良い栄養が届くようになるでしょう。

特別な食材はなく、毎日バランスのよい食事の心掛けることが大切になりますので、すぐに効果が出なくても焦らずに継続していくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ