再生医療技術を応用したグロースファクター発毛の効果

グロースファクターとは、細胞再生因子とも呼ばれる皮膚再生医療などで使用されている成分で、負傷した皮膚の修復や細胞の再生、毛髪サイクルの維持などの機能を持っています。
本来、頭皮や皮膚には多くのグロースファクターが存在していますが、加齢と共に減少し、肌や毛髪における老化へと繋がってしまいます。
この細胞再生因子を応用する技術により、それらの老化現象を正常な再生サイクルに戻すことが可能になり、この再生医療技術を応用した毛髪の再生がグロースファクター発毛です。

毛髪再生に有効な数種類の成長因子を潤沢に配合した薬剤を使用することで、従来の毛髪再生治療よりも効果が期待できます。
グロースファクター発毛に使われる主な成長因子は、ケラチン細胞・肝細胞・線維芽細胞・血管内皮細胞増殖因子、インスリン様成長因子などです。

ケラチン細胞増殖因子で発毛環境を整え、肝細胞増殖因子で休止期の毛包を成長期へと導き出します。

線維芽細胞・血管内皮細胞増殖因子については、ともに頭皮の血流を促して十分な栄養を毛包内へ送る効果があり、インスリン様成長因子は、毛包内の毛母細胞を分裂させて発毛を促進する働きを持っています。

これらの成長因子を頭皮に補うことで、毛髪サイクルを正常に戻し、発毛効果を発揮します。

ホルモンバランスの変化や過度なダイエットなどにより薄毛に悩む女性も数多くいますが、グロースファクター発毛なら男女問わず様々な薄毛や脱毛症状に対応しているので、育毛・発毛効果が期待できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:発毛

このページの先頭へ