健康食品を正しく使ってより健康な毎日を。

現在、巷では健康食品があふれていますが、これらを正しく使うことが健康への一歩です。
これらのものは薬とは違いますが、正しく使うと体の調子が良くなるということは十分ありますし、食品から摂取しづらいものを補うこともできます。
健康食品を正しく使うためには、まずはよく調べることから始めましょう。

これらの食品で病気が治ると宣伝してはいけないことになっていますが、体験談を語る人たちは、すべてが嘘ではないものの大げさだったりするものです。

その人は改善したのかもしれませんが、自分が使用して同じく改善するとは限りません。
よく、気休めのように使用している人も見かけますが、病気でほかに薬を使用している場合、薬との飲み合わせも検討しなければなりません。

健康食品には、国が特定の機能を表示することを許可した特定保健用食品「トクホ」の商品や、栄養機能食品という個別ごとに審査はないけれど製造者が基準を満たしているという自己認証の表示食品があります。

他にも、一般的にサプリメントとして販売されているものも存在します。
どの製品もそれぞれにいいところはありますが、それだけを食事代わりにしたり、薬のように使用してはいけません。

あくまでも食事から栄養を取ることが重要で、健康食品はその不足分を補うことが役目なのです。
特に病気を持っていたり、アレルギーがある人は、飲む前に医師や薬剤師に相談することも忘れないようにしましょう。

また、怪しい製品や特に海外サイトで販売されているものには十分注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ