沖縄のおじい、おばあの元気の源、健康食品の秘密はここにあり。

女性の平均寿命ランキングで常に上位にいる沖縄県には、体に良いといわれている食材が多くあります。
カレーのスパイスに使われているターメリックは、ウコンの別名であり、ウコンは肝機能改善に働くとされているものです。
また、ウコンは二日酔いにも効果があるため、ウコンを用いた健康食品が多く製造されています。

そして最近では、フコイダンという言葉を耳にする人も多いと思いますが、フコイダンは、モズクに含まれている成分の一つです。
抗がん作用の効果が認められており、それ以外にも血糖値上昇抑制やコレステロール抑制効果もあります。

さらにここ近年では、抗酸化作用のある野菜としてハンダマ(水前寺菜)も注目されています。
我々の体の中には活性酸素と呼ばれるものが存在していますが、この活性酸素は、体にとっては必要なものの、多くありすぎると逆に体に良くはありません。

活性酸素が体内に過剰に存在することで、発がんの原因になってしまうのです。
そこで、抗酸化作用を持つ野菜を食べることで、活性酸素を除去し正常に機能を保つことができます。

その他にも、泡盛製造の副産物としてもろみがあります。
もろみは、体に良いとされている成分を多く含んでおり、もろみ酢の形で販売されています。

このように、沖縄産のものは体に良い成分が多く含まれており、これらを摂取することで長寿に繋がっていると言えるでしょう。

これらの健康食品は、通信販売で手に入れることも可能です。
最近疲れたなと感じている人は、是非、健康食品の購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ