健康食品とは、一般に健康によいとして売られているもの

健康食品とは、一般に健康に良いとして売られているもので、栄養補助食品や飲料、サプリメントなど、様々な形態があります。
法律上の分類では、薬ではなく食品です。
健康食品の表示に関する法律は、健康増進法、食品衛生法、JAS法、薬事法などが挙げられます。

健康増進法では、食品の表示制度として、国が許可をしているものと食品製造者や販売者の自己認証によるものとに分けられています。

国の許可によるものには、特定保健用食品と特別用途食品があり、特定保健用食品は、特定の保健の用途を記す食品で、その効能についての有効性や安全性が科学的に証明されている事を国が審査して許可しているものです。

許可の形式は、商品ごとに個別に実験データを提出する必要がある個別許可型と、実績や科学的根拠が充分に蓄積されている一定の基準を国が規格基準として定め、この規格を満たしたものを審査なしで許可を受ける規格基準型があります。

食品製造者や販売者の自己認証によるものには、栄養機能食品と栄養成分表示があり、いずれも栄養成分の含有量が一定の基準を満たしている必要があります。

薬事法では、医薬品と区別するために、ガンが治る、糖尿病が治る、便秘が治る、疲労回復など、疾病の治療や予防を目的にした表現や、身体の組織機能の増強を表現することは禁じられています。

また、医薬品的な効能効果を暗示することや、好転反応や瞑眩反応などの表現、効用や効果などの表現も禁じられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:健康食品

このページの先頭へ